常駐ソフトが悪さをしていないか確認する方法

先日、MX Sheet、MX Componentのインストールに手こずった件で、常駐ソフトが悪さをしていないか確認する方法を覚えたのでメモしておく。

<OSがWindows7の場合>

1、デスクトップ画面左下のWindowsロゴをクリックし、出てきた「プログラムとファイルの検索」窓にmsconfigと入力する。

2、出てきたシステム構成ウインドウのサービスタブをクリックし、左下のMicrosoftのサービスをすべて隠すをチェックした後、右下のすべて無効をクリックし、適用。次にスタートアップのタブをクリックし、スタートアップから外したいアプリケーションについても同様に選択する。再起動を促されるので、再起動をかければ完了。再起動後、やりたいことを試し、不具合が起きなければ、常駐ソフトが悪さをしていたということになる。どのソフトが悪さをしているかを確かめるには、1個1個サービス、スタートアップを戻していき、都度動作の確認をする必要がある。

おおよその目星がついているのなら、2ですべて無効にしないで、怪しいものだけ停止しておけばOK。とりあえず一時的に不具合解消したいだけなら、上記の方法でいったん全て止めておく方が簡単。

※すべて無効にするときは、「Microsoftのサービスをすべて隠す」は必ずチェックすること。実際に試したことは無いが、別の不具合が発生してしまうらしいので。

<OSがWindows10の場合>

デスクトップ画面の左下にファイル検索の画面が最初から出ているはずなので、そこにmsconfigと入力し、検索する。後の手順はWindows7と同じ。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です