Viveコントローラーのクリックを検知するスクリプト

UnityでViveコントローラーがクリックされたことを検知するためのスクリプトを記録しておく。

下記リンクでズバリそのものを記載してくれているので、ここには概要だけ残しておく。

UnityへのSteam VRプラグインのインストールを済ませ、上記リンクのスクリプトファイルをViveコントローラーに添付し終わったとして、コントローラーのトリガーボタンを離したときに何かしらのアクションを起こしたいとする。

↓のスクリプトの{}の中は、コントローラーのトリガーが離されたときに呼ばれるので、{}の中にif~を記述しておけば、トリガーが離されたときに何かしらの判定をすることができる。

下記の例では、トリガーを離したときに、commandBlockPosとhole1の距離を計算し、もしも距離が0.1以下だった場合、「Cube1との距離が0.1以内」というログを表示させることができる。

ちなみにGameObject.Find(“○○”)で○○という名前が付いたオブジェクト情報を取得することができる。Vector3.Distance(□□,△△)では□□と△△の距離を計算することができる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です