電子工作等調べたことの備忘録

電子工作ブログ

Unity(ユニティー)

Viveコントローラーのクリックを検知するスクリプト

投稿日:

UnityでViveコントローラーがクリックされたことを検知するためのスクリプトを記録しておく。

下記リンクでズバリそのものを記載してくれているので、ここには概要だけ残しておく。

UnityへのSteam VRプラグインのインストールを済ませ、上記リンクのスクリプトファイルをViveコントローラーに添付し終わったとして、コントローラーのトリガーボタンを離したときに何かしらのアクションを起こしたいとする。

↓のスクリプトの{}の中は、コントローラーのトリガーが離されたときに呼ばれるので、{}の中にif~を記述しておけば、トリガーが離されたときに何かしらの判定をすることができる。

下記の例では、トリガーを離したときに、commandBlockPosとhole1の距離を計算し、もしも距離が0.1以下だった場合、「Cube1との距離が0.1以内」というログを表示させることができる。

ちなみにGameObject.Find("○○")で○○という名前が付いたオブジェクト情報を取得することができる。Vector3.Distance(□□,△△)では□□と△△の距離を計算することができる。

おすすめの記事

1

発生した問題 端末にSIMカードを挿してapn設定画面に入ると、はじめからYmobileという名前のapn設定が登録されていた。apn、ID、PASS等はYmobileの公式ページhttps://ww ...

2

ArduinoにBluetoothモジュール、温度センサを繋げて、読み取った温度をAndroidスマホに送信するというものを作ってみた。   Arduino + 温度センサで温度センサの値を ...

3

Unityでステージを作成し、ステージの中のボタンをViveのコントローラーでクリックすると、kobuki(TurtleBot2)へメッセージが送信され、動作させることができるというものを作ったのでい ...

-Unity(ユニティー)

Copyright© 電子工作ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.