2018年 中小企業診断士試験結果

2018年に受けた中小企業診断士

経済政策80点

財務会計56点

企業経営理論62点

運営管理75点

法務36点

経営情報システム68点

中小企業経営、中小企業政策66点

全体的に悪くないのだが法務だけが絶望的に悪く、足切り不合格というかなり悔しい結果に。

しかも法務の答案メモを見返してみると、間違えていた16問のうち、11問は2択まで答えを絞れていながらも間違った答えを選んでいた。2択に絞った状態からヤマ勘で選んでいてももっと正当率高かったろうに。

暗記のコツ

それはそうと、今回の結果を次回に活かすことを考えてみた。2択まで絞っておきながら間違えたというのは、結局あやふやに覚えしまっていたせいじゃあないか?暗記のやり方がまずかったんじゃあないか?と思い、良い方法を調べてみた。

その中でシンプルにまとまっており、内容も的を射ていると思ったのがこちら。

https://atarimae.biz/archives/2613

要は、大事なのは「覚える」ことじゃあなく、「思い出す」ことだということ。

なるほど、確かにこれは理にかなってる。試験では与えらたヒント(=問題)を元に答えを思い出す作業をするのだから、こちらの方が実践的だ。

過去問を解くというのも、答えを思い出す練習をするということになるのだろう。だから過去問は大事なんだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です